会誌 ACADEMIA(学術) 第168号 2018.10 2018年「有明海の再生に向けた東京シンポジウム」

平成30年10月29日 印刷
平成30年10月31日 発行

■地球システム・倫理学会、一般社団法人全国日本学士会主催
2018年「有明海の再生に向けた東京シンポジウム」

目次

趣旨説明 東京で有明海再生の道を考える 地球システム・倫理学会理事
舞根森里海研究所所長          田 中   克
講演1 地球システム倫理としての有明海問題
 「クストーの思想に学ぶ」 地球システム・倫理学会会長顧問    服 部 英 二
「自然と共生する技術とは何か
-有明海の再生に向けてー」
地球システム・倫理学会副会長
星槎大学共生科学部教授        鬼 頭 秀 一
16
講演2 有明海の環境と生き物の多様性
「有明海異変と環境変化
-諫早湾潮受け堤防設置との関連ー」
熊本県立大学環境共生学部教授     堤   裕 昭 33
「稚魚研究から見た有明海の異変と未来」 高知大学海洋生物研究教育施設教授   木 下   泉 50
講演3 有明海で漁業と農業に生きる
「有明海を“宝の海”に戻したい」 佐賀県多良町漁師           平 方 宣 清 63
「干拓地で農業に生きる」 農業生産法人(株)マツオファーム代表  松 尾 公 春 69
講演4 有明海再生へ向けての展望
「我が国の海洋教育における将来のリーダー
育成について-韓国順天湾干潟研修、環境保全
からはじまる地域創生のあり方を学ぶ-」
福岡県立伝習館高校教諭        木 庭 慎 治

熊本県立岱志高校教諭         松 浦   弘

77

85

「ラムサール条約と森里川海プロジェクトから
有明海再生を展望する」
環境省「つなげよう、支えよう森里川海」
プロジェクトチーム・副チーム長     鳥 居 敏 男
90
「森は海の恋人から有明海再生を展望する」 NPO法人森は海の恋人理事長       畠 山 重 篤 104
参加者の声 112
提言 有明海の再生にむけた東京シンポジウム
からの提言
 2018年「有明海の再生に向けた東京シンポジウム」
企画責任者                田 中   克
118
写真展 中尾勘悟氏写真展「有明海と諫早湾の今昔」 122
編集後記 124

ページ上部へ